イメージ画像

夜勤専従看護師 - 泌尿器科で看護師が勤務する場合

内科や外科など一般的な診療科目を受診した経験がある人は多いでしょうが、泌尿器科はそれほど多くないでしょう。膀胱や腎臓の疾患を担当するだけではなくて、前立腺など男性の生殖器の疾患も取り扱います。男性患者が多いですが、女性患者もゼロではなく、膀胱炎で受診される女性が多い傾向です。

今回は、泌尿器科で看護師が勤務する場合の特徴点をご紹介します。まずは男性患者が多い診療科目であるということです。そして男性の性に関する病気を取り扱う診療科目であることです。このような特徴があるので女性ナースには仕事がしづらい職場というイメージがつきます。

現に泌尿器科勤務の女性ナースは他の診療科目で勤務するナースとは異なって独特の悩みを抱えます。もっとも多いのが男性患者からのセクハラでしょう。男性患者の大半は性器など他人には見られたくありません。そういったデリケートな部分の治療が必要なのです。

泌尿器科勤務のナースは毎日のように多数の患者様のケアをしますから性器に対する治療にも慣れてしまいます。がしかし、性器を治療するという特殊性があるので、セクハラする男性患者が他の診療科目と比較すると断トツに多いです。

泌尿器科に必要なナースの資質は患者からのセクハラに動揺したりしないことです。毅然とした態度で治療できる看護師ならばまったく問題ないでしょう。

けれども泌尿器科での実務経験がないナースにとっては精神的に大きなハードルになります。長期間仕事をしていても、セクハラ患者に悩むナースも少なくありません。セクハラが原因となって転職するナースもいます。

近頃は男性看護師も増えてきています。とりわけ泌尿器科では男性ナースの求人が目立ちます。男性患者が多いし、その大部分は男性特有の性器に関するトラブルです。男性ナースがいれば男性患者も気軽に受診できます。

患者は男性だけではないですから女性患者が受診する場合は女性ナースがいるほうが安心です。躊躇せずに泌尿器科を受診できうようにするには、男性ナースと女性ナースが必要になります。

日帰り入院や外来での治療で終わる患者様が多いですから求人の大部分は日勤限定勤務です。プライベートの時間を大切にしたい看護師にはおすすめできます。以上、泌尿器科で看護師が勤務する場合の特徴点をご紹介しましたが、仕事と割りきって看護する気持ちを持てなければ精神的にキツイと思います。

婦人科で看護師が勤務する場合の特徴点

全般的に見てみると総合病院の中で婦人科のみを取り扱っているケースはとても少ないです。一般的に主流になっているのは産科と一緒になった産婦人科という診療科目です。ここでは、婦人科で看護師が勤務する場合の特徴点を説明します。

女性のニーズは近頃とても多様化してきています。最近のトレンドは「婦人科専門のクリニック」です。ここは女性特有の悩みやライフスタイルをサポートする目的があります。とりわけ婦人科形成と呼ばれる美容外科ジャンルを前面に押し出しているクリニックが目立ちます。

「大勢の女性が子宮に関する病気を持っている」という学説もあります。最近、話題にのぼることが多いのは<子宮筋腫>や<子宮内膜症>です。看護師の国家資格を持っている女性でも気にしている人がいるでしょう。

このような女性特有の疾患は、今すぐにケアをしなければならないという生命に関わる疾患ではありません。けれども症状によれば日常生活に支障が出てくるもともあるのです。重症になってくると肉体的なケアのみならず精神的なケアも必要でしょう。

もしもあなたが婦人科勤務を希望するならば、女性特有の疾患の医療知識は当然ながら必要です。さらにはメンタルケアやほど良い距離感でサポートできるコミュニケーションスキルも要求されます。

女性ならば誰でもなるかもしれない病気があります。<そういった女性を助けたい>と思うナースにとっては働きがいがあるでしょう。

婦人科形成専門クリニックの大部分は女医が中心となっているところが多いです。男性患者が来院することはありません。セクハラが嫌で転職したいとか、セクハラを避けたいナースには理想的な勤務先です。

けれども実際には婦人科形成専門のクリニックはとても少ないです。その中でナースを募集していることは極めて少ないし人気があるのですぐに埋まります。婦人科勤務を希望するナースは産婦人科という大きなくくりで探すのが賢明です。

内科や外科と比較すると求人が少ないのが産婦人科です。さらに専門的な婦人科ならば相当ハードルが高いでしょう。情報を集めるには看護師専門の転職サイトに相談して専任コンサルタントに任せるのがお薦めです。

このページの先頭へ