イメージ画像

職場ごとの看護師の仕事内容

看護師としてどのような仕事を担当するかというのはどの職場で働くかによっても大きく異なります。

まず、病院で働く場合、こちらは人の命や健康とも直接的に関係のある職場であるため、高い緊張感が求められる職場だといえるでしょう。

病院の規模は各病院によって違い、国や都道府県などが運営しているところもあれば個人病院もあるため、まずは自分がどのような規模の病院で働きたいのかを考えてみると良いですね。

外来の仕事を担当することになる場合、限られた時間の中でしっかり患者さんの話を聞き、丁寧な対応をしなければなりません。

病棟の看護師として働く場合には、いちいちのスケジュールが大まかに決まっているので、そのスケジュール通りに物事が進むように注意する必要があります。

患者さんの様子や病状についても、常に気を配らなければならないため、観察力のある方に向いている職場です。

手術室の看護師として働く場合、こちらは手術の準備だけでなく、術中の医師のサポートなども正確、丁寧に行う必要があります。

緊急事態に陥った患者さんの手術を行う際には冷静さも求められるため、経験を積んでいる看護師に向いている職場だといえるでしょう。

クリニックで働く場合、こちらは地域住民の方と深く接していくことになります。

風邪などの体調不良では、大きな病院よりも地元のクリニックを頼る方が多いのですが、基本的に予約制ではないため毎日多くの患者さんが訪れるという特徴持っているのです。

コミュニケーション能力も求められる職場だといえます。

それから、訪問看護ステーションの看護師として働くことになった場合、こちらは利用者さんのリハビリだけでなく、かかりつけ医との連携しながら様々なサポートを行うというのが基本です。

他にも介護施設などでも看護師の需要が高まっているのでまずは自分がどのような職場で看護師として活躍したいのか考えてみましょう。

友人の数は多くありませんが、企業や学校でも看護士の募集があるため、きっと自分に合った職場を見つけることができるはずです。

このページの先頭へ